げ部

ボードゲーム部→ぼどげ部→げ部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tags:
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オトーリバースレビュー ☆2.5

オトーリバース/アルハラシステムズ

オトーリバースコンポネ

プレイ人数:3~5人
プレイ時間:30分
インスト時間:30分
ゲームタイプ:バースト型

<ゲーム概要>
 飲み比べゲーム。
 自キャラに沢山のアルコールを消化させて得た勝利点で競う。
 選んだキャラごとに飲める量が決まっていて、超えて飲むと吐くので注意。

 トランプのブラックジャックに似ているが粛々と飲んでいるわけではない。
 他人の酒を奪う、他人に酒を無理やり飲ませて吐かせるなどの
 アルハラ(アルコールハラスメント)行為を駆使して戦うことになる。

<総合評価>
★★☆(2.5)

<レビュー>
ちべ:★★☆(2.5) (プレイ回数2回)
個人的には・・・面白みがわからなかった。
事前情報からテーマやアイテムに魅かれていたので残念。

自身の理解力の低さもあるだろうけど説明書がわかりづらくて難儀した。
もっと軽く把握して軽くプレイできるものかと思ってたんだけどな。

あとは戦略立てる要素があんまりない。
引き次第ではカンパイで即リバースするので立てても意味なかったり。
どのキャラも2~3杯も飲めばリバースリーチがかかるので
カンパイに加えて一杯飲んだらアルハラされてやることなくなったりとかザラ。
回避策がないのがしんどいのかな???とかちょっと思った。
アルハラ自体吐かない限り一回しかできないから制約強いんだけど。

今後は誘ってもらった時にやれればいいかなと思う。

【使用アイテム】
〇アルコールカード
  ワイン、ウイスキーなど種類があり、点数が書かれている。
  点数は消化できれば勝利点に、できないと吐く条件になる。
   ※中にはイベントを起こすカードもあるが割愛する
〇キャラクターカード
  おっさんかギャルのイラストが数種類あり、キャラごとに飲める量、
  得意・不得意が書かれている。プレイヤーの分身となるカード。
  得意な酒は0点で消化、苦手だと点数×2で消化できる。
〇アルハラカード
  アルハラできる権利。スタート時一回分から始まりアルハラすると減る。
  吐くと増える。ゲーム終了時に残っていると勝利点を減算してしまう。


【勝利条件】
 アルコールカードを消化して得た勝利点を最も多く獲得すること。


【ルール】 ※「」内の単語はルール内で後述する。
0.事前準備として各プレイヤーごとにキャラクターを選び、アルハラカードを一回分受け取る。
1.規定回数「ラウンド」を繰り返す。回数はプレイヤーの人数と同じ。
2.ラウンドの最初はカンパイを行う。
  全プレイヤーの状態が通常(臨戦)状態になり、最初の一杯から仕切り直す。
3.ラウンド中はスタートプレイやから順に「手番」を繰り返す。
  全プレイヤーが「休息(消化)」か「リバース(吐く)」したらラウンド終了。
4.手番中のプレイヤーは①②どちらかの行動を行ってから手番を交代する。
  ①呑む ・・・アルコールカードを引いて自分の手札に加える(公開)。
         手札の点数を計算した結果キャラが消化できないとリバース(吐く)。無得点。
  ②休息 ・・・手札の点数を勝利点に変換する。同一ラウンド中の手番は放棄。

1~4を繰り返すのが基本の流れ。肝心のアルハラをいつやんのかというと割り込みルールになる。
★.4①実施中のプレイヤーがいる時、アルハラ宣言&行使の機会を得る。
  アルハラを行使すると4①で引かれたアルコールカードを自分含む誰かに渡せる。
  ただし、アルハラ宣言と行使には以下制限事項があるので注意。
   ・宣言できるのはアルハラカードを持ち、リバース(吐く)状態でないこと。
   ・行使できるのは一番早く宣言したプレイヤー一人だけ
   ・アルコールを渡せるのは通常状態(まだ呑む意思がある)でカンパイ中以外のプレイヤーのみ。


【プレイ記】
ルールの把握に四苦八苦したものの、まず4人で1周目をプレイ。
ギャルかおっさんの中からキャラクターを選ぶらしい。極端だな。
下の写真はキャラを選んでるところ。
ギャルの人気が高かったが、堪えて酒の好悪がマッチするおっさんを選択(手前)。

オトーリバース1



とりあえず乾杯してみるもルール違うんじゃない?とかグダグダしていたので
諸々すっ飛ばした途中経過から次の写真を。

オトーリバース2




奥の二人のプレイヤーは既にリバース(吐)している。
リバースしたキャラカードは裏面表示になるのでわかりやすい。
(写真左奥、左から3番目の「リバース」と書いてあるカードを参照)

ちなみに左奥のプレイヤーに至っては別のラウンドでも吐いている。
吐くとアルハラカードが増えるおでこれもわかりやすい。
(写真左奥、緑のカードが一回分、紫のカードが二回分のアルハラカード)

自分もアルハラどころか次呑んだだけでもう吐く・・・。(写真の手前)
顔に似合わずコイツ酒弱いな。


ということで呑んで吐いて一週目終了。
 ★結果→1P:0点、 2P:170点、 3P:120点、 自分:130点

ルールあやふやなままプレイしたから総じて
「勝つとかじゃない!アルハラをするんだ!」って雰囲気だった。
1Pは自爆もあるがもろに被害を受けてご立腹の0点。自分は2位。

そんな中節度を持って飲み、イベントにも恵まれたオトナーな2Pが勝利。
おめでとう!屍と黄金(ゲ■)の上で勝利の美酒に酔ってください!


1周目でやっとルールの把握ができた。
感想はうーん??な感じだったけど、確認もこめて3人で2周目に突入。
最初のキャラがイマイチだったので念願のギャルにキャラ替え。
下の写真は大きく端折ってゲーム終わって集計しているところ。
 ★結果→1P:150点、 2P:190点、 自分:140点

オトーリバース3



理解の甲斐あってラウンド数が減っても1周目よりみんな得点が高かった。
でもなんかね、乾杯即リバ or 2杯目即リバが結構出て無音になる機会がしばしばあったよ。
あと思うようにアルハラできないのがフラストレーションだったかな。
変わったブラックジャックやってるみたいだった。

author:ちべ
関連記事
スポンサーサイト
tags:ちべ, 4〜5人, オトーリバース, アルハラシステムズ, レビュー, 〜2000円, 〜3000円, 〜5000円, 〜10000円,
  1. 2014/06/26(木) 02:55:56|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bodogebu.blog.fc2.com/tb.php/7-e75a70db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。