げ部

ボードゲーム部→ぼどげ部→げ部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tags:
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界の七不思議(7wonders)戦略(6)~連鎖戦略~

どうもー、ちべです。

今回は「連鎖戦略」(通称緑染め)について書きます。
正直これ狙うのは相当ハイリスクです。しかもあんまり保険が効きません。
が、その分ギルドの助けなく60点以上を狙えます。
勝機が巡ってきて、トップ取りに行かなければいけない時なら狙う価値はあるでしょう。この戦略は最初の勝機が全てなので、他と構成を変えて見極めから入ります。



■連鎖戦略を選ぶ条件(何を持って勝機と見るか)

①5人戦であること。それ以上は未検証です。何回か7人戦をやりましたが、人数が多い分緑が分散しやすく、どこかの手札に固まったりするので厳しいように感じました。7人線は運の要素が強いですね。初手に青しか出すものないとか平気であるし。
②自分の初期資源が灰であること。灰資源が1つ確定しているので灰資源を引く運の要素がなくなる分緑を集める難度が下がります。
③上家がバビロン以外の初期資源茶色ボードであること。時代1、3で緑取るのを妨害されづらく、発展資材が揃う時代2では下家なので影響力が皆無。よって緑を集める難度が下がります。
④自分か下家がアレク、または、アレク不参加。①で5人戦を想定しているため、緑集めのネックになる工房が取れるかは焦点となります。この条件なら7~8割くらいの取得率が見込めるため緑を集める難度が下がります。
⑤下家が初期資源灰色ボード。ただし、自分がアレクかアレク不参加の場合ですね。灰資源を借りることができるので自分の初期資源と合わせて2種類の緑が出せます。あとは1種類の灰資源を出せるか、緑が固まってこないか、というところまで運の要素が減ります。

①~⑤まで満たしているなら勝機ありです。「灰資源を出せるか、緑が固まってこないか」や時代2以降どうなるかがなんとも言えないので3~6割くらいの勝機かと思いますが、とりあえず実績は何度かあります。日本選手権(レポート参照:三戦目)中でも達成しましたので。




■基本方針
連鎖戦略は最終的に緑3セット以上を狙う戦略です。
そのために、時代1から緑を3種類集めます。すべてを犠牲にして専念しないと無理なレベルなので退路はありません。時代1から失敗すると出遅れます。一応劣化ハイブリットとして戦えはしますがその解説するのは微妙なので略です。要するにデュアラン取れなかったハイブリット戦略です。時代1で緑2種しか取れないことが確定した場合は切り替えましょう。
基本思想として資源を出さずひたすら緑を連鎖で取るので連鎖戦略と呼んでいます。資源を使って建造しなければいけない分は他家の緑参入妨害を兼ねた廃棄で稼いだコインで賄います。





■資源構成
1枚しか取りたくありません。後は廃棄のコインで何とかします(①の形)。
妨害などによりそれで賄えないようならハイブリッドの要領で戦います(②の形)。

 ①灰資源(自分と両隣の初期資源で出ない種類)
 ②灰資源(自分と両隣の初期資源で出ない種類)+@




■時代1のプレイング
理想形が決まっているどころかそのままほとんど制約です。

 ①灰資源(自分、両隣から出ない灰資源)
 ②緑
 ③緑
 ④緑
 ⑤廃棄(下家が出せる緑)
 ⑥連鎖可能な青>茶資源(発展1のコスト優先)>廃棄


<考え方>
①ともかく緑3種を出せる状態の確保が最優先です。残り1種の灰資源を何をおいても確保しましょう。
②③④あとは緑を取るだけです。うまくバラけていることを祈りつつ。
⑤時代1で下家に緑を取らせないようにすると、時代2で妨害されにくくなるためにとても重要です。だから未取得の1種1枚と同時にきた時は悩みます。残り1枚に賭けても本当なら廃棄する方を選びたい・・・。その辺はその場の状況判断に任せます。
⑥資源取るくらいなら得点に繋げたいですが、茶資源しか選べなければ発展1のコストなら出します。それ以外は微差で廃棄します。茶資源は2回使えば廃棄分の元が取れますが、使うかよくわからないので3コインのが柔軟性が高いかと。





■時代2のプレイング
ひたすら連鎖連鎖で緑を出していきます。緑を出せない時は青≧赤で出します。赤は1枚で片側に確実に勝てるタイミング出ないと出しません(4手目くらい?)。

 ①石盤(学校)
 ②石盤
 ③緑
 ④緑
 ⑤青≧赤>ダブラン
 ⑥青≧赤>ダブラン

<考え方>
①②過去の記事でも書きましたが、時代2で価値が高くて品薄になりがちなのは石盤です。とにかく見かけたら取ります。石盤の中でも緑2種に連鎖する学校のほうが重要度が高いです。
③④とにかく緑、時代2で最低3種がノルマです。この辺妨害のされ方次第ですが、時代1から3種とか出してるとまずあたりはキツイです。石盤2種が枯れた場合、連鎖力が弱くなるのでダブランを取ってハイブリットっぽく戦います。
⑤⑥緑が③枚以上とれているなら青≧赤を、とれていないならダブランが優先です。アレクやエフェソスなら発展してもいいです。





■時代3のプレイング
言うまでもなく緑。とにかく緑。
ポイントも何も出せる緑をひたすら出す。出せないなら青≧赤で出します。
ギルドはコスト的に出せないかも。金欠なので。でも科学ギルドは取りたいですね。



連鎖戦略についてはこんなところですね。
着手の基準と細い退路は重要ですが、難所の時代①以外は手なりです。
戦略については次で最後。予定していた僕の出番も次で最後です。
思ってたより時間がかかってしまいました・・・。
次は緑使わない蛮族戦略を書いていきます。
内容的には普通の内容になると思いますが、またよろしくお願いします。
ではまた。



関連記事
スポンサーサイト
tags:ちべ, 戦略, 7wonders,
  1. 2015/08/13(木) 03:44:28|
  2. 戦略
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bodogebu.blog.fc2.com/tb.php/42-067207ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。