げ部

ボードゲーム部→ぼどげ部→げ部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tags:
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Pecunia(ペクーニア)レビュー ☆4.0

Pecunia(ペクーニア)/操られ人形館

Pecunia_00_cover

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:45分
インスト時間:15分(取説読解に10分、説明に5分)
ゲームタイプ:ロチェスタードラフト

Pecuniaは、自分のパーティを組み、イベントを乗り越えながら得点を競うゲームです。
4種類のイベントカード、11種類の仔羊カードを使います。
ちなみにPecuniaとは、ラテン語で「(羊を主とした)家畜」を意味するそう。

<総合評価>
★★★☆(4.0)

<レビュー>
R@ :★★★☆(3.5) (プレイ回数:1回)
カードイラストは全体的にきれいだし、戦略性は悪くないからまた遊んでみようとは思う。
コンポネも木のコマがあったりしっかりしてるので、コスパはいい気がする。
ただ、いかんせんわかりにくい...ちょっと取説頑張ってほしい。ハードル高い印象を与えてしまっていて残念。
あと、小さいことだけど、イベントカードに紐づけて仔羊を出していく、というのがストーリー的にちょっと違和感あるのと、細部の言葉遣いが気になる。
列って何?とか、イベントだったら飢餓じゃなくて飢饉じゃね、とか。

もう数回遊んでみてかな。

ちべ:★★★★(4.0) (プレイ回数:1回)
ちべのPecuniaレビュー

詳細は下記

<ルール>
・勝利条件:最も多く得点を獲得すること
得点は、イベントや各カードの能力により獲得できる
・手札は5枚、非公開(自分はいつでも確認できる)
・ゲームは複数のラウンドによって構成され、1ラウンドには3つのフェイズがある
1.プレイフェイズ
 -下記のaかbを行うことができる
 a.手札の仔羊カードを1枚場に出す(イベントボードにプレイする)
 b.場に出ている仔羊カードを獲得し、自分のパーティ(取説では"列")に加える
 -全員が仔羊カードを獲得したらフェイズ終了
2.イベントフェイズ
 -イベントは礼拝、飢餓、夜宴、襲撃の4種類
 -それぞれの効果により、得点を獲得できたり、パーティの人数が減ったりする
3.カード補充フェイズ
 -各プレイヤーの手札が5枚になるよう山札から補充し、次のラウンドへ
 -山札がなくなったら捨て札をシャッフルし、新たな山札にする
 -山札が2回なくなったら即座にゲーム終了

やることはシンプルなんだけど取説がわかりづらい印象。
あとは各カードの能力をなんとなく覚えればおk

<コンポーネント>
コンポネはこんな感じ。

Pecunia_component_01

まずは4枚のイベントボード。
厚みがあって結構しっかりしている。

Pecunia_component_02

そして各種カード。この写真だとわからないけど、トランプより二回りほど小さい。華奢って感じでもないし悪くはない。まぁキレイに入れられるスリーブはないだろうなー。

Pecunia_component_03

マーカー。左がイベントマーカーで右が得点マーカー。
デザインは凝ってないけど、ちゃちくはないです。

Pecunia_component_04

これは、白いのが羊コマで、紫は巡礼者コマ。
これは木製で、結構ちゃんとしていて嬉しい。


ということでやってみました。
初期配置はこんな感じ

Pecunia_01

羊コマは最初からイベントボードに載っていて、そのラウンドでカードを獲得されたら一緒に取ります。羊の載っていないイベントボードには、次のラウンドまで仔羊を置くことはできません。
手前の小さめの灰色カードが手札の仔羊カード(裏)です。
手札とイベントボードの間のスペースに、自分のパーティを並べていきます。

アップにするとこんな感じ
Pecunia_02

何がどう効いてくるのかわからないが、とりあえず進めてみる。

2ラウンド目の途中がこんな感じ。

Pecunia_03

仔羊カードは、イベントボードに紐づく形で置かれて行き、この仔羊カードを獲得するタイミングで、そのイベントボードにイベントマーカーが乗って行く流れ。

礼拝イベントがノーリスクで得点できるため、基本的には礼拝で活躍する仔羊を集めて行く。たぶん。
ただ、よくわからずやってるので、写真では飢餓にマーカーが乗りまくっているが...苦笑

ちなみに、序盤は全プレイヤーに司教がいるため、飢餓はほとんど怖くない。

この後、他プレイヤーが礼拝パに進む中、さらに魔女2枚と道化師1枚を集めて夜宴パを作ってみる。
魔女は基礎能力が高い上にイベントマーカーを好きに2つ置けるのでかなり強い。
ただ礼拝が起こるとマイナス得点になるというリスクもでかいが...

山札が一回なくなる頃には大分メカニズムが見えてくる。
つまり、
今のパーティを生かすためのイベントを発動させたい
→だから手札の仔羊をそのイベントに置きたい
→しかしそれがそのまま他プレイヤーの有利になっても困る
→だからそのイベントに直接有利になるカードは置きづらい
→しかし他のところに置くとイベントが進まない...

みたいなジレンマに陥る。

しかも、だからといって無害なイベントに配置すると、他プレイヤーがそれを敢えて持って行っちゃったりして、結局進めたいイベントが進まなかったりするので、だったら、相手にメリットがあってもイベントに合わせたカードを....となるともはや堂々巡り。
この辺りは良くデザインされてるなーと思う。

山札2周目に入るとイベントフェイズがなくなり、プレイフェイズ中にマーカーが4つ溜まり次第すぐにイベントが発動するようになる。

となると発動順を選べるようになるので、ちょっとゲーム性が変わってくるが...
これはあんまり影響を感じられなかったかな。

というわけでゲーム終了。

Pecunia_06
絵的には、途中経過とあまり差がないけど...。。

得点は全員40点台だったけど僅差で2位。
魔女でマイナスされないようもう少し意識できてれば違ったかなー。

author:R@

その他のレビューはこちら

ちべのPecuniaレビュー
関連記事
スポンサーサイト
tags:R@, レビュー, Pecunia, 操られ人形館, ロチェスタードラフト, 2〜4人, ☆4.0,
  1. 2014/06/19(木) 03:06:31|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bodogebu.blog.fc2.com/tb.php/4-8ee0d114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。