げ部

ボードゲーム部→ぼどげ部→げ部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tags:
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2015年宝石の煌き日本選手権レポート

S'Sです。宝石の煌き(Splendor)の日本選手権に行ってきました。
前記事の7wonders日本選手権と同日同部屋で開催されたのです。

宝石の受付が11:00、7wondersの受付が13:00だったので、宝石の初戦負けたら7wondersの方にエントリーしちゃおっかなーとか、不謹慎なことをすこーし考えつつw



ちなみに、この大会に向けてのオープンゲーム会などでの準備段階の戦績は
 6月 17戦12勝(含7連勝)
 7月 9戦5勝
負けはほとんど4人戦で上家と色かぶりのグダグダめくり勝負負け。
L2から買い始めるタイプ、手札3枚抱えるタイプの自称上級者さんに対してはほぼ100%の勝率でして、ちょっと調子乗ったかなw



参加者は45名。3人戦なので15卓立ってました。

トーナメントルールはこちら

そして成績の方はというと、

1位(15p)-1位(18p)-3位(11p)-3位(12p)-2位(15p)
という感じで、45人中18位! うむー

最初は調子良かったんだけどなー
3戦目から苦しい戦いになっちゃいました。

初期配置、最終形の写真撮っておけばよかったんですけど、なんとなーく遠慮してしまいまして、かなり記憶が飛んでおります。というわけで、ここでは、日本選手権に臨むにあたっての事前戦略というか方針をベースに、反省してみたいと思います。

なお文中、以前の戦略記事で書いた垂直戦略を「縦」と称しております。




こんな戦略で臨もうと考えていたリスト

1.縦に行ける判断をしたらL1で3枚はなんとしても取る
2.4-4パネルと4-5VPカードの同時獲得で15点一気超えを狙う
3.縦に行ける時でもリスクヘッジはする
4.カウンティングは3コスト+⑤⑥⑦絡みだけに絞る
5.購入の遠い確保はせず、金トークンを浮かせる
6.3手目で9トークンはアリ




それぞれもうちょい具体的に書きますと

1.縦に行ける判断をしたらL1で3枚はなんとしても取る。
L3に⑦③、⑦、⑥③③のうち2枚出ていて、4-4パネルの片割れにもなってるような色があるケース。
その色の独占権を主張できればL3で8点、パネルで3点は堅いわけなので、これはもうL1にその色が見えたら譲らない、という割り切りで取りに行く。特に縦に行くとL2で同色⑤⑥を持ち加速できる可能性の高い青と緑は積極的に行く。逆に赤は縦に行った時の拡大再生産がほとんど効かないので基本スルー。
L1は青なら見えてるカードのコスト+黒緑寄せ、緑なら見えてるカードのコスト+黒青赤寄せ、と言った感じで2枚以上要求される確率の高い色のトークンを手元にしっかり置いておくことを意識する。でさっさとL13枚確保したところからその色自体のトークンを絞りにかかる。L2に⑤、⑥が見えたら絶対取る。

あからさまにオイシイ色がL3にあった場合、ほぼ争いになるので、L1で出遅れないためのリソース管理、L2L3でどん詰まりにならないためのトークン確保が重要。

2.4-4パネルと4-5VPカードの同時獲得で15点一気超えを狙う
締めは確保しといた⑦か⑦③を表にした瞬間4ー4パネル完成、ってのが理想。なんでかっていうと、ある色の⑦、⑦③、⑥③③て必ずコストとは別の同色カードになっておりまして。例えば青を⑥枚以上要求するカードは全部緑獲得カード。さらに付随する③コストが必ず獲得色になっていて、しかもその組合せって必ず5枚しかない4ー4パネルの組合せとかぶっているんです。(自分の中では「友好色」と呼んでます。)
もちろんVP8くらいだとまだ油断して⑦③や⑦放置しといてもらえたりってこともメリットですね。これ結構狙って出来たりするんですよねー。

大会のレギュレーションで、獲得勝利点が多いと順位点が同じでも上位になるので、そういう意味でもこれは狙いたいところでした。

3.縦に行ける時でもリスクヘッジはする
基本的にこのゲーム、縦に行くのが攻め、横にL1積むのが守り、という色分けができると思ってます。スピード重視で縦の高VPに序盤から突っ込んだはいいが、⑦や⑦③を確保カットされたり、自色、友好色のトークンを絞られたりというブロック行動や、期待した自色高コストが出ないというめくり運の悪さに遭遇すると15点に届く前に息切れするリスクは高いです。ハマればスカッと勝てるんですが、その分リスクもあるという。縦だけで15VPという野望が打ち砕かれた上に、できることが無くなり無計画な確保とL1カード集めの流れジリ貧の、3位まっしぐらになるので、ちょっとリスクヘッジ手段としての守り要素は必要かなと。
そこで目安として考えたのが、カードは4-3-2-1、トークンは5+2をターゲットにすることです。
つまり、縦で⑦払う色は4枚目標、友好色は3枚目標、L1コストの厚い色は2枚目標、残り1枚は②①が出たら取る、っていうカード確保or購入の判断基準。そこから先はVPしか気にしない。トークンは2枚以下になる局面をなるべく避け、金も2枚は手元に置いといて、手番時のアクション自由度を常に確保する。これなら、めくりで裏目が続いても、なんとか耐えてL2と3-3-3パネルで戦える・・・はずでしたがw

4.カウンティングは3コスト+⑤⑥⑦絡みだけに絞る
対戦者の獲得カードが見えるので、自分が取りたいカードが残ってるかどうかだけ気にしておけばまあいいかなと。あとはコスト色の偏りと友好色を意識してトークンを寄せてですね。

5.購入の遠い確保はせず、金トークンを浮かせる
3人戦で中盤リソース不足に陥るのが目に見えてる中、トークン要求のキツい確保をやってしまうと、確保カードがダブついて肝心のところで取りにいけない、というリスクを気にしました。加えて金トークン維持戦略も実行しづらいと思い。基本方針としては、2トークン不足の状態なら確保対象にすることにしました。

なので、手札に「2,3巡以内で出せそうなカード」「縦に行きたい色のL1」を1,2枚持ち、金コインはそこに使わず、常に2枚程度キープして終盤のラッシュに備える戦略。縦に行きたくても⑦をいきなり確保とかせずに我慢する感じです。

6.3手目で9トークンはアリ
3手目で、L1の4,5コストを買ってしまうと、残りトークンが1,2枚になってしまいます。
この状態が続くのは3人戦ではなるべく避けたい。手元に5+2くらいは常に置いた状態を維持するためには、出だしのところで1手使っても厚めのベースにする方が得策と判断。9枚なら確保も出来ますしね。もちろん縦に行くカードが見えてるなら3手目でも買い。②①コストは状況次第。

とまあ、このようなことをインプットして大会入りしました。




記憶を頼りに各ゲームを振り返ってみますと・・・

1戦目
L3に青⑦、緑⑦、白⑥③③が並んで、4-4パネルは白黒のみという、なかなか絞りにくい場。
ひとまずL1に1枚見えている赤②緑②のゲットと、青緑双方から厚めのコストを要求される黒を考慮して1,2手番とも機械的に赤緑黒の3枚取り。だが早々に青⑦、緑⑦を対戦者が確保!L2に青⑤も見えた! しかし青カードも緑カードもL1で出が遅いので全体的に中だるみに。そこで方針転換して青緑のトークンをキープしつつも赤L1→白L2ルートで3-3-3パネルとL2VPを得点源に。これがすんなり回って勝利。サクサク進んでサクサク終わったので15卓で一番ゲーム終了早かったかもしれない。

2戦目
完全な青緑場の初期配置。青⑦、青⑥、緑⑦③あたりが見えて、しかも青緑と赤緑の4-4パネルがいる。これは出遅れ厳禁だと思う間もなく、上家がめくり運もあって青3枚&手の内青⑦、青⑦③の盤石な状態に。
こちらとしてはキッツいなー思いながらも赤緑集めに活路を見出し、青緑トークン絞りも。中盤L2に赤緑が集中的に出たこともあり、上家は青カードだけ抱えて窒息状態に。赤緑の4-4から、最後は緑④②①鬼めくりからの3-3-3パネル乗せての18点上がり。下家が17点まで伸ばして来たので、あのめくり運なければヤバかった。

3戦目
1番卓に来てしまい。真横で体をゆらゆらさせるギャラリーが気になったりしてw微妙にリズム乗れない感じでスタート。初期配置は、なんとも言い難い、明らかに縦向きではない感じ。ひとまずコスト効率重視で4-3-2-1目指すことにする。そこでとりあえず⑦が見えてた赤を集める流れに。が、白トークンを完全に絞られ、白カードも全く見えず、ふわっと確保した白④が死に札状態に。L1集めゲーの中、青緑がザクザク出る場にキャッチアップ出来ず。

白はパネルにも無い色だったのでホントに敗着。魔が差したとしか。。。その間着々と拡大再生産を進める対戦者に明らかに3,4手番遅れていたので早々に敗戦処理でL2確保のトークン収集へ。そのまま3位。精神的に弱いですなあw

4戦目
ここからはあんまり覚えていない。。。はっきりしたミスは無かったと思うが、白と緑に寄せたが、それらが主コストになる黒L2が全く出ず、仕方なくトークン取る→10枚あるけど取りたいカード無し→仕方なく意図の薄い確保して1枚返す、てのを2回位したと思う。そこでの手番損が最後まで響いて、そつなく回した対戦者に追いつけず。

5戦目
決勝なし卓で和気あいあいゲーム。淡々と15点取れたが周回内の16点に差されての2位。




トータルすると運がそんなに偏ってたわけでもなく、まあ実力が出たってところでしょうかね。
戦略として改善の余地があったかどうかは、もう少し研究してみる必要がありそうです。

大会後に、各ゲームのカード獲得枚数が記載された結果記録が並べられていたのでプレー傾向をチェックしてみたのですが、L2から入ってカード7,8枚で勝つスタイルの方は3,4名程度しかいないようでした。少なくとも私は1回も当たりませんでしたし。3人戦だとトークンが各色5枚しかないので、ドッと集めてドッと放出っていうのがちょっとリスク高すぎな気もしますね。平均的にはカード枚数12,3枚くらいかなー。私もその辺に着地することが多い気がします。


日本選手権と名がついてはいますが、概ね思ったよりもフレンドリーな空気の中で楽しくゲーム出来ました。
宝石はシンプル、それがゆえに奥が深い。そして疲れる。というのを再認識した大会でございました。





最後に、大会ルールに基づくミニ宝石ルールFAQ

・確保は金トークンが枯渇しててもできる?
→できます。トークンがもらえないだけ。

・トークンが場に残り少ないケースでは、「あるだけ取る」なのか「取れない」なのか
→場にトークンが1枚だとしても、その1枚を取れます。

・確保したカードの内容を見せてと言われたが、見せなきゃダメ?
→確保を行った手番内であれば、確認要求に応じる通例になっています。(決勝卓で数回あり)

・トークンが10枚を超えるようなアクションは出来ない?
→手番の終了時に10枚であれば大丈夫です。10枚の状態から3枚取って、別の3枚を返すのもアリです。


おまけ 7wonders決勝直前に、むじゃき勢代表としての期待を一身に背負いバベルのインストを受けるちべさんの勇姿w
babel_inst


S'S
関連記事
スポンサーサイト
tags:S'S, レポート, 宝石の煌き,
  1. 2015/07/23(木) 03:46:50|
  2. 宝石の煌き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bodogebu.blog.fc2.com/tb.php/36-a5d75b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。