げ部

ボードゲーム部→ぼどげ部→げ部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tags:
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宝石の煌き (Splendor) 戦略その3


引き続き、宝石の煌き(Splendor)の戦略について考えてみます。

前回は、「垂直戦略」と「水平戦略」というものがありそうだ、というところまででした。

さて、ここでもう一回、今度は「色」に着目してカードデータ(リンク)を眺めてみましょうか。

「色」に着目してじーーと見ていると、わかることがいくつかあります。



限られたカード枚数の制約上、獲得色とコスト色の組合せは対称になりえない。つまり、ある獲得色が必要とする色には偏りがある。

・獲得色が白の③①①は、③コストも白。だが、獲得色が青の場合の③①①は③コストが他色の緑になっている!
 つまり必要コストの色分布が均一でないだけでなく、自色で調達しなきゃいけない度合いまでが色によってバラバラなのであります。
 ということは、獲得色別にどんな色を集めたらお得か、どの色が垂直戦略向きなのか、を研究する価値がある、ということが言えてしまうわけですね。



★貴族パネルの枚数が限られているため、特定の「色」の価値が高い場、低い場、が存在する。
・貴族パネルは、③③③コストが5枚、④④コストが5枚、計10枚。当然ながらこの枚数では色の対称性は無いため、そもそも「仲良し色」が存在。
・10枚のうち場に出るのは5枚。複数のパネルに含まれる色のカードは皆が欲しい。だから「色」の価値に差が生じる。

さらに、このゲームの特性上、L1のカードは序盤から高回転、中盤もタダ取りできるので拡大再生産エンジンとしてどんどん消費されていきます。一方L2は序盤エンジンとしては割高、中盤以降のVP獲得手段としては今ひとつ非効率なためさほど回転しない。L3は序盤中盤は(確保しない限り)動かない。
まとめると、、、

レベル別戦略

こんな感じになりますかね。

では、データから、「色」の傾向を具体的に探ってみましょうか。(L3は狙って取るカードですしエンジンというよりVPのためのレベルなのでここでは省略します。)

下は、ある獲得色に対し、どの色が多くのコストを必要としているか、をレベル別に追ってみたものです。

色別コスト分布



L1では「獲得色」自身はコストになりにくい傾向。L2では逆に自色が必要な傾向(特に青と緑)。
・L1では赤の獲得に白が必要だが、L2では白の獲得に赤が必要。


非常に単純ですが、以上が目につきます。これだけでも、「垂直戦略」向きの色とそうでない色、L2を確保すべき色とそうでない色、といった傾向があることがわかります。

実際、5色のうちで「青」と「緑」だけがL2の⑤と⑥両方とも自色コストになっているのですが、
このことから、もし青か緑で垂直戦略を取るのであれば、L1で当該色カードを集めてからL2に移行すればスムーズにL3の⑦に到達する道ができそうです。
それ以外の色、特に赤は自色カードが増えても垂直方向にブーストしにくい色と言えそうですね。
赤と白については、L1L2でお互いが補完関係にあり、白を集めたければL1で直接コストとなっている緑、黒の他に、赤があると後々便利と言えますし、赤を集めるのには白があると便利、という構図になっています。

こういった色の偏りについても序盤戦略、期待値計算に組み込むことで、より効率的にカードを獲得してゆくことができるでしょう。ガチなレベルにおいては、公開されている相手カードが確認しやすいゲームですし、L1についてはある程度カウンティング前提なのでは、と思ったりしています。

次回は序盤戦略の指針「水平戦略vs垂直戦略」について考えてみたいと思います。
 
関連記事
スポンサーサイト
tags:宝石の煌き, Splendor, S'S, 戦略, Strategy,
  1. 2015/05/22(金) 00:56:55|
  2. 宝石の煌き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

とても面白いです。続き待ってます!
  1. 2015/09/18(金) 06:11:02 |
  2. URL |
  3. キラメキスト #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bodogebu.blog.fc2.com/tb.php/33-6fb5d274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。