げ部

ボードゲーム部→ぼどげ部→げ部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tags:
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7WONDERS(世界の七不思議)レビュー ☆4.5

7WONDERS(世界の七不思議)/Repos Production(レポス プロダクション, フランス)

7WONDERS_00_cover

デザイナー:Antoine Bauza (アントワン・ボーザ)
国内販売元:ホビージャパン

プレイ人数:2人~7人
プレイ時間:30〜40分(人数関係ない)
インスト時間:15分(取説読解10分、説明5分)
ゲームタイプ:ブースタードラフト

<概要>
世界の七不思議をテーマに、自分の都市を発展させていくゲーム。
いかに自分の都市を強くしながら他プレイヤーの都市の発展を防ぐか、受け渡し受け渡されるカードに思い悩むゲームです。
ドイツ 2011年 エキスパートゲーム大賞 (Kennerspiel des Jahres) 大賞受賞!

<総合評価>
★★★★☆(4.5)

<レビュー>
R@ :★★★★☆(4.5)(プレイ回数4回)
ブードラ好き。これはとにかく、人数が増えてもプレイ時間が増えないところが最大の評価ポイント。
システムは重い感じなのにやってみるとお手軽なので、戦略的なゲームの割に負担が軽く、「もう一回」と言いやすいところが個人的には嬉しい。しかもブースタードラフトなので、毎回ゲーム展開が変わるところも好感が持てる。
ただ、ブースタードラフトゆえに、ある程度カードを覚えないといけないのがやや面倒だが。。
カードもボードもそこそこ大きいので、広めのテーブルが必要なのも玉に瑕。でも十分面白い。


ちべ :★★★★☆(4.5)(プレイ回数2回)
使う道具が多い割にプレイし始めるととっつきやすい。
七不思議ボードや建物カードの選択によって展開が多様で、
なかなか飽きの来なそうなシステムに魅力を感じた。
初心者ながら手探りで遊んでも楽しかったが、
カード把握したりドラフトに慣れないと深い魅力がわかんなそうなので星欠け。もっとやりたい。
勝利点稼ぐため欲しいカードばかり追ってたが、
これ邪魔しつつ選ぶんじゃ?と終わり頃気づいた、遅い。


その他詳細は下記
<ルール>
・勝利条件:最大の勝利点を獲得すること
 勝利点は、建物を建てたり七不思議のレベルを上げることで獲得できる
・3ラウンド(第◯世代)に分かれていて、各ラウンドで使うカードが異なる
・ラウンドスタート時、プレイヤーには7枚のカードが配られており、この中から1枚選んで残りのカードは下家に渡す
・選んだカードを使い、次のアクションのいずれかを行う
 1.建物を建造する
 2.七不思議のレベルを上げる
 3.捨札にして3金ゲットする
・アクションが終わったら、上家から受け取ったカードからまた1枚選びアクションを行う
・これを繰り返し、6ターンで1ラウンドが終了
・3ラウンド終了時に、最も勝利点の多い人の勝ち


<コンポーネント>

7WONDERS_component_01

ボードはこんな感じ。厚みがあってしっかり。
手触り悪くない。

7WONDERS_component_02

これは戦争で使う軍事マーカー。紙製。

7WONDERS_component_03

コインはちょっとちゃちい感じがする。初版は木製だったみたい(写真は第二版)。

7WONDERS_component_04

計算用紙ついてるのは便利。

カードもしっかりしてる。芯があって、端がペラペラめくれにくいような紙が使われてます。
でも結構カードを動かすゲームなので、スリーブに入れることをおすすめします。

author:R@
関連記事
スポンサーサイト
tags:R@, レビュー, ちべ, 7wonders, 〜10000円, ☆4.5,
  1. 2014/07/01(火) 01:55:38|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bodogebu.blog.fc2.com/tb.php/10-2528ded5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。