げ部

ボードゲーム部→ぼどげ部→げ部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tags:
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Hanabi(花火)レビュー ☆4.5

Hanabi(花火)/Cocktail Games (カクテルゲームズ, フランス)

デザイナー:Antoine Bauza (アントワン・ボーザ, 代表作: 『世界の七不思議』)

プレイ人数:2人~5人
プレイ時間:30〜40分
インスト時間:5〜10分(ルールの線引きにちょっと時間かかるかも)
ゲームタイプ:協力ゲーム

<概要>
各プレイヤーが協力して遊ぶ協力ゲー。
5色(+@虹色使う場合も)、1~5まで描かれた牌を使い、
場にすべての色が1、2、3、4、5と並んだ状態を目指す。
トランプの7並べに近いが、脱落させるのではなく完成を目指すのがポイント。
各プレイヤーは他人の手牌はわかるが自分の手牌は見えないので、
お互いヒントを出し合い、空気を読み合う楽しさ(繋がってる感じ)と、
完成したときは達成感を、失敗した時は悔しさをを楽しめる良ゲー。


<総合評価>
★★★★☆(4.5)

<レビュー>
ちべ:★★★★★(5.0)(プレイ回数3回)
ボードゲームといえば対戦、と思っていたので主旨にまず衝撃。
加えて言うと仲間内での自由なプレイングにも衝撃を受けたけど、
それも込みで仲間の事を考え、成功すれば全員達成感を味わえる素敵なゲームだと思った。
またやりたい、きっと何度でもやりたい。
相手の立場を考えることから情操教育にも良さそう。

R@ :★★★☆(3.5)(プレイ回数7〜8回)
協力型インディアンポーカー。みんなで5つのストレートフラッシュを作る。
Deluxe版なので、カードではなく牌なのは良いところ。立てやすく並べやすい。たまに勢いで盲牌しちゃう人がいるのもご愛嬌。虹牌(と呼んでいる5色の牌)もあるので難易度も調整しやすく遊びやすい。
ただビジュアルがショボくて、個人的には進んで遊ぶ気にはなれないのよね。。。
やるときはお酒飲んでると楽しいのでオススメ。


詳細は下記
Read More
関連記事
スポンサーサイト
tags:ちべ, レビュー, 協力ゲーム, Hanabi, AntoineBauza, CocktailGames, 2〜3人, 4〜5人, 〜2000円,
  1. 2014/06/28(土) 23:37:04|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クローバークッキー

クローバークッキー/有限会社エイト


プレイ人数:2人〜4人
プレイ時間:10分
インスト時間:5分
ゲームタイプ:陣取り、サバイバルゲーム


【概要】
 瓶に詰められたクッキーのような見た目が魅力のお手軽ゲーム。
 64枚の四角いコルク製チップを並べてフィールドを作り、
 サイコロを振って出た目の数だけコマを移動させて遊ぶだけ。

 最後まで生き残れば勝ち、ゲーム途中で移動できなくなったら負け。
 コマが通りすぎたチップは除外されるのでゲーム進行とともに
 移動できる範囲が狭くなっていく中どう進めるか。
 可愛い見た目に反したサバイバルゲーム。


【使用アイテム】
 サイコロ    :1個
 駒       :4個(各四色)
 コルク製チップ :70枚(①②の合計)
   ①裏が無地   :58枚
   ②マーク付き  :12枚(渦巻き、ハート、クローバーの3種*4)


【勝利条件】
 最後まで生き残る、または自分以外を脱落させる。


【ルール】
0.事前準備としてコルクのチップをすべて表にし、
  64枚を適当な形で並べてフィールドを作る。
  隅になる部分に各プレイヤーーが駒を配置したら準備完了。
1.各プレイヤーはサイコロを振って出た目の数だけ駒を進める。
  進行方向は前後左右のみで斜めは不可。他の駒がいる方向も不可。
  駒が通り過ぎたチップはフィールドから取り除く。
  出た目の文進めないときは脱落し、負けとなる。
2.移動後、取り除いたチップを確認し、マークがあればイベント発動。
  無地しかない場合、または、イベント発動が終わったら手番を交代。

ゲームは基本1と2を繰り返すだけで進行する。
あとは以下の簡単なイベントを覚えれば良い。
 ・渦巻き    … 取り除かれていない好きなチップにワープできる。
 ・ハート    … フィールドの好きな場所に裏無地チップを二つ設置。
 ・ハート    … フィールドの好きな場所に裏無地チップを四つ設置。


【プレイ記】
ゆるふわな見た目に引きずられ、みんなほのぼの穏やかにプレイ♪

・・・なんてさせない。
一人でもガチだ!やられる前に、やりたい時に、見逃されてもジェノサイド!


ほのぼのやっても10分以内で終わるんだけど、
チャンスと見れば早い段階で詰ませにかかり、
一人性格の悪さを露見させた。
だって勝てる方法が見えたら試したくなるんだもの・・・


パッケージの写真は撮り忘れてしまったけど、プレイ中の写真をいくつか。
①4人プレイ開始。フィールドしてチップを並べ終わったところ。
CLOVER_COOKIES1_R.jpg

②プレイが進むとフィールドが削れてくる。赤もうピンチ。
CLOVER_COOKIES7_R.jpg

③穴だらけのフィールドを作ってプレイしてみたところ。方向が縛られるのできつい。
CLOVER_COOKIES8_R.jpg


あとは経験者向けに、自分の留意事項メモを公開。
 ①移動完了時、3方向以上に移動できる位置をキープする。
 ②他プレイヤーの駒に自分から近づかない。横切る形は特にまずい。
 ③①②に反した敵を狩るのをためらわない。
 ④勝負を後半まで持ち越さない。

<補足>
 ①→1方向はワープされると即リタイヤするから。アヴドゥル。
 ②→1マス空いてても5以上でやられるパタンがあるから。
 ③可愛くても勝負なので。これ見て野生を思い出してください。
   可愛さの中にも野生を感じる動画
 ④移動可能箇所が少なくなる後半はワープ引きの運勝負になるから。


【総合評価】★★★★(プレイ回数5~7回)
とにかく見た目が可愛いくて部屋に飾っても良さそう。
ゲームとしては軽いのでほかゲームの合間の待ち時間などでも気楽にできる。
でも割とかさばるので携帯性がないかな。

ほかゲームと比べて多めにプレイしているけど飽きずに楽しい。
自分は勝ちに行ってしまうけど、ゆるゆるうふふするのも楽しいかも。
関連記事
tags:ちべ,
  1. 2014/06/28(土) 01:19:10|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オトーリバースレビュー ☆2.5

オトーリバース/アルハラシステムズ

オトーリバースコンポネ

プレイ人数:3~5人
プレイ時間:30分
インスト時間:30分
ゲームタイプ:バースト型

<ゲーム概要>
 飲み比べゲーム。
 自キャラに沢山のアルコールを消化させて得た勝利点で競う。
 選んだキャラごとに飲める量が決まっていて、超えて飲むと吐くので注意。

 トランプのブラックジャックに似ているが粛々と飲んでいるわけではない。
 他人の酒を奪う、他人に酒を無理やり飲ませて吐かせるなどの
 アルハラ(アルコールハラスメント)行為を駆使して戦うことになる。

<総合評価>
★★☆(2.5)

<レビュー>
ちべ:★★☆(2.5) (プレイ回数2回)
個人的には・・・面白みがわからなかった。
事前情報からテーマやアイテムに魅かれていたので残念。

自身の理解力の低さもあるだろうけど説明書がわかりづらくて難儀した。
もっと軽く把握して軽くプレイできるものかと思ってたんだけどな。

あとは戦略立てる要素があんまりない。
引き次第ではカンパイで即リバースするので立てても意味なかったり。
どのキャラも2~3杯も飲めばリバースリーチがかかるので
カンパイに加えて一杯飲んだらアルハラされてやることなくなったりとかザラ。
回避策がないのがしんどいのかな???とかちょっと思った。
アルハラ自体吐かない限り一回しかできないから制約強いんだけど。

今後は誘ってもらった時にやれればいいかなと思う。
Read More
関連記事
tags:ちべ, 4〜5人, オトーリバース, アルハラシステムズ, レビュー, 〜2000円, 〜3000円, 〜5000円, 〜10000円,
  1. 2014/06/26(木) 02:55:56|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TERRA MYSTICA(テラミスティカ)レビュー ☆4.5

TERRA MYSTICA(テラミスティカ)/Feuerland Spiele

terra_mystica_00_cover


デザイナー:Jens Drogemuller, Helge Ostertag
国内販売元:テンデイズゲームズ

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:30分 × 人数
インスト時間:20分(取説読解に10分、説明に10分)
ゲームタイプ:陣取り

テラミスティカは、領土を拡大しながら、リソースと各勢力の能力を有効活用して勝利点を競うゲームです。

<ルール>
・勝利条件:最も多く勝利点(VP)を獲得すること
 勝利点は下記の方法で獲得できる
  -建造物を作って繋げて街を作る
  -教団トラックに司祭を派遣し、教団の信仰値を上げる
  -各勢力の特殊能力を使う
  -恩恵タイルやボーナスタイルの効果を使う
・プレイヤーは12の勢力の中から1つを選び、それを自分のプレイボードとする
・ゲームは6ラウンド制で、1ラウンドは3フェイズに分かれている
 -収入フェイズ
 -アクションフェイズ
 -ボーナスフェイズ
・収入フェイズでは、自分の領土に応じて収入(コインやワーカーなど)を得る
・アクションフェイズでは、下記8種類のアクションを、リソースが許す限り行うことができる
 1.地形の変換と住居の建設
 2.船のレベルを上げる
 3.スコップのレベルを上げる
 4.建造物を改良する
 5.教団トラックに司祭を派遣する
 6.パワーアクションを行う
 7.特別アクションを行う
 8.パスし、現在持っているボーナスタイルを戻して新しいボーナスタイルを獲得する
・手番はスタートプレイヤーから始め、好きな1つアクションを行ったら、次のプレイヤーに手番が移る
・各プレイヤーがアクションを繰り返し、全員がパスしたらアクションフェイズ終了
・ボーナスフェイズではラウンドボーナスをチェックし、該当者はボーナスを獲得
・ボーナスフェイズが終われば1ラウンド終了、次のラウンドに移る
・6ラウンド後に最も勝利点の多いプレイヤーの勝利

<総合評価>
★★★★☆(4.5)

<レビュー>
R@ :★★★★☆(4.5) プレイ回数:20回以上
 面白い。ゲーマーズゲームって感じ。
 管理リソースが多く勝ち手段も複数あるため、どの手が最善手かを考えるために試行錯誤しなければならないし、そこに他プレイヤーの動きも絡んでくると、より盤上が複雑な様相を呈してくる。各勢力のバランスも悪くない(それでも強弱はあるが)。
 最初のインスト量が多いので初心者向けではないが、1プレイやってみると、ルールとリソースの使い方は結構すんなり理解できる。
 一つ気になるのは、選ぶ勢力と他プレイヤーの勢力によってはほぼソリティアになってしまうところ(各勢力得意な地形や配置がある)。人数多めでやる方が思い通りにいかないことが多くて面白そう。
関連記事
tags:R@, レビュー, 陣取り, TerraMystica, ☆4.5, 〜10000円, 2〜3人, 4〜5人, テンデイズゲームズ,
  1. 2014/06/25(水) 02:07:02|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pecunia(ペクーニア)レビュー02

※Pecuniaというゲームについては、まずこちらの記事をご参照ください。
Pecunia(ペクーニア)レビュー

<総合評価>★★★★(4.0) (プレイ回数:1回)

【見た目について】
一応購入者。購入理由は見た目の雰囲気。
可愛いイラストに対し、生贄などの言葉が踊るブラックな世界観のギャップに誘われた。
「奇跡も救いもないんだよ・・・」というキャッチフレーズがなんか好き。
外見だけでなくゲームに使用するアイテムも全体的に凝っていて魅力的で良かった♪

【ルールについて】
ルールブックを読み取くのが難しくて遊ぶまでの初期コストが高い感じ。
購入時開けてルールも(実は)チラ見したがよくわからなかったので封印、
遊ぶときも人任せにして説明してもらう始末だった(ごめんなさい)。
「この場合どうするんですか?」とか聞いている場合じゃない(^^;)

ただ、実際プレイしてみるとやることは割と簡単。
矛盾や例外処理もなく進んだのでルールに不備はなく
説明の仕方の問題じゃないかな~???


【ゲームのポイントについて】 Read More
関連記事
tags:ちべ, レビュー, Pecunia, 操られ人形館, デッキ構築,
  1. 2014/06/19(木) 22:00:07|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pecunia(ペクーニア)レビュー ☆4.0

Pecunia(ペクーニア)/操られ人形館

Pecunia_00_cover

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:45分
インスト時間:15分(取説読解に10分、説明に5分)
ゲームタイプ:ロチェスタードラフト

Pecuniaは、自分のパーティを組み、イベントを乗り越えながら得点を競うゲームです。
4種類のイベントカード、11種類の仔羊カードを使います。
ちなみにPecuniaとは、ラテン語で「(羊を主とした)家畜」を意味するそう。

<総合評価>
★★★☆(4.0)

<レビュー>
R@ :★★★☆(3.5) (プレイ回数:1回)
カードイラストは全体的にきれいだし、戦略性は悪くないからまた遊んでみようとは思う。
コンポネも木のコマがあったりしっかりしてるので、コスパはいい気がする。
ただ、いかんせんわかりにくい...ちょっと取説頑張ってほしい。ハードル高い印象を与えてしまっていて残念。
あと、小さいことだけど、イベントカードに紐づけて仔羊を出していく、というのがストーリー的にちょっと違和感あるのと、細部の言葉遣いが気になる。
列って何?とか、イベントだったら飢餓じゃなくて飢饉じゃね、とか。

もう数回遊んでみてかな。

ちべ:★★★★(4.0) (プレイ回数:1回)
ちべのPecuniaレビュー

詳細は下記
Read More
関連記事
tags:R@, レビュー, Pecunia, 操られ人形館, ロチェスタードラフト, 2〜4人, ☆4.0,
  1. 2014/06/19(木) 03:06:31|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BIRTH(バース) レビュー ☆5.0

BIRTH(バース)/ProductsArts

birth_00_cover

プレイ人数:2〜3人
プレイ時間:5分×人数
インスト時間:5分
ゲームタイプ:すごろく

宇宙に見立てたボードにカラフルなダイスをプレイして得点を競うゲーム。

<総合評価> 
★★★★★(5.0)

<レビュー>
R@ :★★★★★(5.0) プレイ回数:10回以上
お手軽。短時間でワイワイ盛り上がれる上に、ビジュアルもキレイで文句なし。
ダイス目にかなり左右されるので運要素の強いところはあるが、そこがまたいい盛り上がりポイントになっている。
いいなー。こーゆーゲーム作りたい。
次は上級ルールでやってみたい。

ちべ:★★★★★(5.0)(プレイ回数2回)
すっと理解でき、さっと遊べるのに、やってみると奥が深くて楽しい。
見た目もルールもシステムも、シンプルで綺麗だなーって思った。
勝敗は出目の影響が強いので勝ちだけ狙うと思うように行かず辛くなりそう。
なので目標値を追って最善を尽くすくらいの気持ちがいいのかも。
他所の思惑や出目の良し悪しに素直に一喜一憂できればより楽しい。
ただ今はまだ、最善尽くすには見えてない戦術が多いので回数こなしたいなぁ。

ルールなど詳細は下記
Read More
関連記事
tags:R@, レビュー, BIRTH, すごろく, ProductArts, ☆5.0, 〜3000円, 〜5000円, 〜10000円, 2〜3人,
  1. 2014/06/15(日) 01:28:07|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もちものリスト

部内の持ち物リストを公開
※ゲムマ2014秋購入分を追加し、アルファベット→五十音順に並び替えました。
写真の並びとは関係ありません。

140604持ち物

140604持ち物02

GameList_okayama

GameList_miyamoto


意外とあるな
(アルファベット→かな・カナ→漢字)

・6nimmt/ニムト
7WONRDES/世界の七不思議 ☆4.5
・7WONDERS拡張 指導者たち
・Age of Revive/エイジオブリバイブ
・AKINDO/アキンド
・Arche Noah/ノアの方舟
・Aristo-Maze/アリストメイズ
・BattleLine/バトルライン
BIRTH/バース ☆5.0
・BIRTH3.0拡張
・Blokus/ブロックス
・cafe fater
・CATAN/カタン
・CATAN(航海者版)
・CATAN(都市と騎士版)
・Caverna/カヴェルナ
・CITADELS/あやつり人形
・CIVILIZATION/シヴィライゼーション
・CLANS/クランズ
Clover Cookie ☆4.0
・CUCCO/クク
DANGEON OF MANDOM/ダンジョンオブマンダム ☆4.0
・Dixit/ディクシット
DownGoDungeon/ダンゴーダンジョン! ☆4.5
・East Asia Expansion/イーストアジアエクスパンション
・FLORENZA/フロレンツア
・FLUXX/フラックス
・クトゥルフの呼び声FLUXX
・Fog/フォグ
・FRANKEN DELIVERY/フランケンデリバリー
Hanabi/ハナビ ☆4.5
・HITMAN/ヒットマン
・HOL'S DER GEISER/ハゲタカの餌食
・INOVATION/イノベーション
・Kardinal und König/王と枢機卿
・KERBEROS 4's/ケルベロフォース
・Keyflower/キーフラワー
L-TILES/エルタイルズ ☆3.5
・LIAR MAFIA/ライアーマフィア
・LIFEBOAT/ライフボート
・Lost Legacy/ロストレガシー
・LoveLetter/ラブレター
・Maharani/マハラニ
・MakeRule/メイクルール
・MANSION OF MADNESS/マンションオブマッドネス
・maskman/マスクマン
・NEUE SPIELE IM ALTEN ROM/古代ローマの新しいゲーム
・NIAGARA/ナイアガラ
・Once upon Time/ワンスアポンアタイム
PANDEMIC 新たなる試練 ☆4.0
・PANDEMIC拡張 迫り来る危機
Pecunia/ペクーニア ☆4.0
・POWER GRID/電力会社
・Puerto Rico/プエルトリコ
・RUMMY/ラミー
・RUSSIAN RAILROADS/ロシアンレールロード
・San Juan/サンファン
・SantaCruz/サンタクルーズ
Seasons 十二季節の魔法使い ☆4.5
・Seasons拡張 運命の行方
・SERENGETI/セレンゲティ
・skull & rose/ドクロとバラ
TERRA MYSTICA/テラミスティカ ☆4.5
・TETRA COMBO/テトラコンボ
・THE RESISTANCE/レジスタンス
・TWOLKIN/ツォルキン
・Verrater/フェレータ
・Villannex/ヴィラネックス
・VIVA!肉/ビバニク
・Vorpals/ヴォーパルス
・WARUMONO2/ワルモノ2
・Word Basket/ワードバスケット
・ZiEGEN KRiEGEN/ヤギ戦争
・アルパカパカパカ
・オツカイフクロウの苦労話
オトーリバース ☆2.5
・ガイスター
・カルカソンヌ
・ごいた
・ごきぶりポーカー
・ジジニャーゴ
・シンデレラが多すぎる
・タブラの人狼
・とりっく&でざーと
ひつじとどろぼう ☆4.5
・ビンゴ新年
・フットサルミープル
・ヘイムスクリングラ
・ポートロイヤル
・もくあみ
・わんおぺ
・ワンナイト人狼
・ワンナイト人狼 超人.ver
・家具とも
・海底探検
・漢獣
幻影探偵団 ☆3.5
・惨劇RoopeR
・小早川
・赤ずきんは眠らない
・犯人は踊る
・魔法少女 まどか☆マギカ カードゲーム
・落水邸物語
・藪の中

と。
全106種類。意外と多いな。
全部書けてるかもわからんしな...

こんな感じで楽しく遊んでます。
関連記事
tags:
  1. 2014/06/05(木) 02:13:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ことはじめ

このブログは、ボドゲ好きが高じて新たなボドゲを創りだそうとしている
ゆるふわ系ガチサークルのブログです。

ボードゲームレビューやプレイ記など普段遊んでることを中心に、
ボドゲの制作だったり思ったことなどを書いていきます。

なお、このブログは下記メンバーによって運営されています。

なまえ:R@
ぼどげれき:2年くらい(MTGをずっとやってたため、それを含めると15年くらい)
このみ:基本的に軽めのゲームを好む傾向。戦略性高いものも比較的好き。

なまえ:ちべ
ぼどげれき:2014年4月からの初心者(ゲームはもともと好き)
このみ:大概楽しめるけど運要素は少ない方が好きかも、ただし交渉系は苦手みたい

さいてんきじゅん:
 ★5点満点(0.5刻み)
 ★★★★★(5.0):文句なし!永久保存版
 ★★★★☆(4.5):これはおすすめしたい。かなりの良作。
 ★★★★(4.0):またやりたい!これはリピート!
 ★★★☆(3.5):結構面白かったから機会があればまたやりたい
 ★★★(3.0):ふつうかな。
 ★★☆(2.5):好みはあるとも思うけど、個人的にはいまいち



その他、所信表明などあれば。
関連記事
tags:R@, ちべ,
  1. 2014/06/05(木) 01:36:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。