げ部

ボードゲーム部→ぼどげ部→げ部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tags:
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンドールの伝説 ☆4.0

アンドールの伝説/KOSMOS (コスモス, ドイツ)
デザイナー:Michael Menzel (ミヒャエル・メンツェル)

Die_Legenden_von_Andor_cover

プレイ人数 :1~4人
プレイ時間 :1章あたり60~90分程度(全5章)
インスト時間:30分程度(チュートリアルシナリオをプレイしながら理解できるので実質0分)
ゲームタイプ:協力ゲーム

<概要>
2013年ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門大賞受賞。
ゲームマスターのいらないRPG型のボードゲーム。モンスターを倒し、ミッションをこなしてシナリオをクリアしていくことで、アンドールに平和をもたらしましょう。
行動回数が決まっているため、プレイヤー同士で話し合いながら上手く分担し、それぞれの任務を的確にこなさなければならないにも関わらず、突発的なイベントやアクシデントで再考を余儀なくされるなど、読めない展開に雰囲気は十分。
わいわい言いながらじっくり盛り上がれるゲーム。

<総合評価>
★★★★(4.0)

<レビュー>
R@:★★★★(4.0)(プレイ回数1回)
王道の、中世ファンタジーRPGの世界観の中で、4人のプレイヤーそれぞれが一人の勇者となり、話し合い協力しあう、リアルなパーティプレイが楽しい。
シナリオを予想してプランニングしながら進めるものの、アクシデントや想定外のイベントにより思わぬ路線変更をせざるをえないこともしばしば。順調かと思いきやいきなり負けてしまったり、ヤバいヤバいと思いながらもなんとかクリアできたりとゲームバランスが絶妙。
一挙手一投足に手に汗握り、そういった苦労を残り超えてシナリオをクリアした達成感は味わった者にしかわからない!
シナリオがネタバレしてしまうと結構難易度が下がるため、複数回プレイしづらい印象を受けるので、そこが気になるところ。拡張やりたい。
 
ちべ:★★★★(4.0)(プレイ回数1回)
ゲームバランスが絶妙。初期状態やイベント発生時の盤面を見て結構「これ無理じゃね?」 と思う時もよくあった。しかし、知恵出し合ってキャラ同士力を合わせて戦って上手くプレイすると「あぶねーっ!」ってくらいの感じでクリアできるのでその分感じる連帯感や達成感が大きい。ダイス目に一喜一憂したり、イベントに焦ったり(大体いいこと起こらない)、状況にツッコミを入れたりとみんなで楽しく遊べた。
個人的にはシステム面に感心した。イベントの発生やモンスターが侵略してくる仕組みとか、ボードゲームでよく表現できるなぁと。ただ、自キャラとして使ったドワーフを使いこなせなかったのが残念かな。うまく使えばも少し楽にプレイできたかも???未だに使い方わからないけど。
楽しいので、残りの伝説も制覇したいところ。
スポンサーサイト
tags:レビュー, R@, 協力ゲーム~4人, 〜10000円, ☆4.0,
  1. 2015/05/10(日) 01:30:42|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「+code Re:」レビュー ☆4.0

+code Re: / 高町ぐずり

すみません、ボドゲじゃないんですが、
最近よく謎解きゲー?脱出ゲームやってるので、そのレビューなども書いてみます。

プレイ人数 :1人~(何人でもどぞ
プレイ時間 :4~10時間
インスト時間:0分
ゲームタイプ:謎解き

<概要>
廃校の呪いを解くために、謎解きを進めていく。
ブラウザゲーム。やりづらいが一応スマホでもプレイ可能。

<総合評価>
★★★★(4.0)(プレイ回数1回)

<レビュー>
R@:★★★★(4.0)(プレイ回数1回)
意外と時間かかった…。が、しっかり作られていて面白かったです。
ブラウザゲームでやったのは初めてでしたが、ブラウザ特有の工夫もあったりしてよかった。

ただ、最初に出されるMemoだけだと、なかなか次のプロセスに辿りつけないので、
ヒントはほぼ全部見ることになるんじゃないかなー。ほとんど意味ないヒントもあるし。

攻略記事などはいっぱいあるので、そちらをどうぞ。

ちべ:★★★★✩(4.5)(プレイ回数1回)
先に始めて、後にクリアしました。というか途中潔く諦めたくらい難しい。
いくつかアプリの脱出ゲームはやったけど、ブラウザのゲームは同じく初めて。
ブラウザ独自の仕掛けは都度「よくできてるなぁ」と感心してしまった。
すこしだけ理不尽に感じる問題もあったけど、全て終わってみるととても綺麗に
まとまっていて爽やかな気持ちでエンディングを迎えられた。
まあ、ヒント見てもよくわからないので、@RさんにLINE送りまくって救済してもらったんだけどね。
猛者の皆様は挑戦してみてください。脱出率6%らしいですよ。
tags:レビュー, R@, 脱出ゲーム,
  1. 2015/05/10(日) 00:45:21|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成敗レビュー ☆3.5

成敗/カナイ製作所

プレイ人数 :3~8人
プレイ時間 :30~60分
インスト時間:15分
ゲームタイプ:協力ゲー

<概要>
成敗人になって悪人を成敗するカードゲーム。
参加者は成敗人カードから自キャラを選び、参加人数と同数選ばれる
悪人と最終的に1対1の対決を行い、成敗(勝利)することを目標とする。
悪党達は子分を引き連れていたり罠を貼っていたり様々な状況に置かれて
いるので、仲間たちと相談し調査や強化など入念な準備をして決戦に備える。


<総合評価>
★★★✩(3.5)(プレイ回数1回)
パッケージからネタなのかと思ってしまったが、やってみたら面白かった。
時代劇の仕事人の流れを状況と準備でシンプルにゲーム化しているのがすごい。
運が悪かったと言い訳したくなる負け方をしてしまったが、バランスもいいと思う。
4を付けるか迷ったんだけど、時代劇見ないのでちょっとノリきれなかった。
個人的にはシステムそのままにロープレやヤンキー的なテーマの方が楽しめる。


その他詳細は下記
<ルール>
〇勝利条件
・各プレイヤーが悪人と1対1の対決を行いこれに勝利すること。
 対決は成敗人と悪人の能力値と、準備/状況での補正値で決定する。
・状況カードによっては勝利してはいけない場合もある。


〇事前準備
①各プレイヤーごと自分の成敗人を選ぶ。
 成敗人は戦闘力(速、強、体力)と能力(主に準備に使用)を持ち、
 仲間内でバランス良いパーティーを組むのが大事。

②参加プレイヤーと同数悪人カードを無作為に選び場に配置する。
 悪人キャラクターは戦闘力、能力の他に状況カードの設置枚数が
 記載されている。

③悪人カードの横に状況カードを並べる。
 状況カードには悪人の強化、成敗人の弱体化、勝敗条件の変更など
 の効果が記載されている。

④各プレイヤーに準備カードを配る。
 準備カードはには成敗人の強化、悪人の弱体化、状況カードの確認
 などに使用する。


〇ゲームの流れ
・各プレイヤーごと持ち時間を10ずつ持っている。
 手番ごとに持ち時間をコストとして支払い、準備カード、能力使用、
 共通行動を行い味方の強化、悪人の弱体化を進める。この辺仲間とよく相談。
  ※共通行動は準備カードのドロー、交換、状況確認などができる。

・持ち時間がなくなったプレイヤーから対決する悪人を指定し、対決を待つ。
 対決は味方全員の持ち時間が亡くなった時に行われる。

・対決の結果、全ての成敗人が悪人を討ち取れば爽やかに勝利。
  ※ただし、状況によっては負けないといけない場合もある。
tags:
  1. 2015/02/08(日) 17:16:08|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DUNGEON OF MANDOM(ダンジョンオブマンダム)レビュー ☆4.0

DUNGEON OF MANDOM(ダンジョンオブマンダム)/Oink Games


プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:15〜20分
インスト時間:5分(取説読解2分、説明3分)
ゲームタイプ:ブラフ

<概要>
勇者 vs ダンジョン。プレイヤーにできるのは、敵を増やすか、装備を外すか。
どこまで弱った勇者で、ダンジョンを突破できるのか?? そんなギリギリのラインを競って相手を負かすのが気持ちいい、痛快チキンレースゲーム。
「ダンジョンは裸で潜れ」!

<総合評価>
★★★★(4.0)

<レビュー>
R@ :★★★★(4.0)(プレイ回数30回超)
ハッタリが飛び交い意地を張り合う、そんなウソツキたちのチキンレース。
シンプルなのに、いやシンプルだからこそ奥深い。手軽にさくさくできるし、適度にスリルもある。
しかし、これ2200円もするのね...いやまぁ装備タイルはしっかりしてるけどさ。それが気になるくらい。

ちべ :★★★★✩(4.5)(プレイ回数15回くらい)
軽いし何度やっても楽しい。少ない要素ですごくまとまってるなとやるたび感心してしまう。
ハッタリゲーなので、プレイングが多様。特に装備の剥き方にいろいろ工夫ができる。
装備を外した時の反応で状況を予想したり、自分の仕込みを大きく見せたり小さく見せたり。
狙い通りに行けばとても楽しく、相手に乗せられるととても悔しい。一喜一憂できるのが素敵。


その他詳細は下記 Read More tags:レビュー, R@, 2〜4人, 〜3000円, ☆4.0, ブラフ, OinkGames, 〜5000円, 〜10000円,
  1. 2015/01/16(金) 02:54:39|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幻影探偵団レビュー ☆3.5

幻影探偵団/ハッピーゲームズ


プレイ人数:3〜4人
プレイ時間:30〜60分
インスト時間:20分(取説読解10分、説明10分)
ゲームタイプ:推理

<概要>
最強の探偵団を目指し、13人の容疑者の内、自分の探偵団を除く10人の中から、他の探偵団のメンバー構成と髑髏王なる真犯人を当てる推理型対戦ゲーム。
何よりも厨二全開の世界観に圧倒されます。

<総合評価>
★★★☆(3.5)

<レビュー>
R@ :★★★☆(3.5)(プレイ回数1回)
推理ゲームということだが、範囲指定のHit率など運要素もあるし、時間をかけすぎると全員正解してしまい同点になる流れが見えてしまい、結局宝石の数でゲームが決まりそうな、あと一歩感のある印象。
相対的に点数が高ければ勝てるので、割と早期に勝負を仕掛けて情報格差で勝つ!って動きにるのかなぁ。
ただ、ゲーム性としては新しいので、もう何度かプレイして楽しみ方を探ってみたい

ちべ:★★★✩(3.5)(プレイ回数1回)
推理ゲーということで揚々と全問正解を目指したものの敗北。先行逃げ切りが重要だった。
凝ったアイテムや地道にマトリクスを埋める作業は新感覚という感じで楽しかったんだけど、
振り返っても勝ち方が今一思いつかない。ミスリードを誘うとか手の内隠すのは難しいし、
他所を探るのは勘と運頼みな上、良い結果も共有してしまうので悩ましい。
自分から大きく動かず、人の好手に相乗って解決編に雪崩こめば勝率が上がりそうだけど、
それが定石になってしまうと非常につまらないゲームになりそう。別の勝ち筋を模索したい。


その他詳細は下記
Read More tags:レビュー, R@, 3〜4人, 〜3000円, ハッピーゲームズ, 推理, ☆3.5,
  1. 2015/01/07(水) 03:05:14|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。