げ部

ボードゲーム部→ぼどげ部→げ部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tags:
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンドールの伝説 ☆4.0

アンドールの伝説/KOSMOS (コスモス, ドイツ)
デザイナー:Michael Menzel (ミヒャエル・メンツェル)

Die_Legenden_von_Andor_cover

プレイ人数 :1~4人
プレイ時間 :1章あたり60~90分程度(全5章)
インスト時間:30分程度(チュートリアルシナリオをプレイしながら理解できるので実質0分)
ゲームタイプ:協力ゲーム

<概要>
2013年ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門大賞受賞。
ゲームマスターのいらないRPG型のボードゲーム。モンスターを倒し、ミッションをこなしてシナリオをクリアしていくことで、アンドールに平和をもたらしましょう。
行動回数が決まっているため、プレイヤー同士で話し合いながら上手く分担し、それぞれの任務を的確にこなさなければならないにも関わらず、突発的なイベントやアクシデントで再考を余儀なくされるなど、読めない展開に雰囲気は十分。
わいわい言いながらじっくり盛り上がれるゲーム。

<総合評価>
★★★★(4.0)

<レビュー>
R@:★★★★(4.0)(プレイ回数1回)
王道の、中世ファンタジーRPGの世界観の中で、4人のプレイヤーそれぞれが一人の勇者となり、話し合い協力しあう、リアルなパーティプレイが楽しい。
シナリオを予想してプランニングしながら進めるものの、アクシデントや想定外のイベントにより思わぬ路線変更をせざるをえないこともしばしば。順調かと思いきやいきなり負けてしまったり、ヤバいヤバいと思いながらもなんとかクリアできたりとゲームバランスが絶妙。
一挙手一投足に手に汗握り、そういった苦労を残り超えてシナリオをクリアした達成感は味わった者にしかわからない!
シナリオがネタバレしてしまうと結構難易度が下がるため、複数回プレイしづらい印象を受けるので、そこが気になるところ。拡張やりたい。
 
ちべ:★★★★(4.0)(プレイ回数1回)
ゲームバランスが絶妙。初期状態やイベント発生時の盤面を見て結構「これ無理じゃね?」 と思う時もよくあった。しかし、知恵出し合ってキャラ同士力を合わせて戦って上手くプレイすると「あぶねーっ!」ってくらいの感じでクリアできるのでその分感じる連帯感や達成感が大きい。ダイス目に一喜一憂したり、イベントに焦ったり(大体いいこと起こらない)、状況にツッコミを入れたりとみんなで楽しく遊べた。
個人的にはシステム面に感心した。イベントの発生やモンスターが侵略してくる仕組みとか、ボードゲームでよく表現できるなぁと。ただ、自キャラとして使ったドワーフを使いこなせなかったのが残念かな。うまく使えばも少し楽にプレイできたかも???未だに使い方わからないけど。
楽しいので、残りの伝説も制覇したいところ。
関連記事
スポンサーサイト
tags:レビュー, R@, 協力ゲーム~4人, 〜10000円, ☆4.0,
  1. 2015/05/10(日) 01:30:42|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DUNGEON OF MANDOM(ダンジョンオブマンダム)レビュー ☆4.0

DUNGEON OF MANDOM(ダンジョンオブマンダム)/Oink Games


プレイ人数:2〜4人
プレイ時間:15〜20分
インスト時間:5分(取説読解2分、説明3分)
ゲームタイプ:ブラフ

<概要>
勇者 vs ダンジョン。プレイヤーにできるのは、敵を増やすか、装備を外すか。
どこまで弱った勇者で、ダンジョンを突破できるのか?? そんなギリギリのラインを競って相手を負かすのが気持ちいい、痛快チキンレースゲーム。
「ダンジョンは裸で潜れ」!

<総合評価>
★★★★(4.0)

<レビュー>
R@ :★★★★(4.0)(プレイ回数30回超)
ハッタリが飛び交い意地を張り合う、そんなウソツキたちのチキンレース。
シンプルなのに、いやシンプルだからこそ奥深い。手軽にさくさくできるし、適度にスリルもある。
しかし、これ2200円もするのね...いやまぁ装備タイルはしっかりしてるけどさ。それが気になるくらい。

ちべ :★★★★✩(4.5)(プレイ回数15回くらい)
軽いし何度やっても楽しい。少ない要素ですごくまとまってるなとやるたび感心してしまう。
ハッタリゲーなので、プレイングが多様。特に装備の剥き方にいろいろ工夫ができる。
装備を外した時の反応で状況を予想したり、自分の仕込みを大きく見せたり小さく見せたり。
狙い通りに行けばとても楽しく、相手に乗せられるととても悔しい。一喜一憂できるのが素敵。


その他詳細は下記 Read More
関連記事
tags:レビュー, R@, 2〜4人, 〜3000円, ☆4.0, ブラフ, OinkGames, 〜5000円, 〜10000円,
  1. 2015/01/16(金) 02:54:39|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンゴーダンジョンレビュー ☆4.5

ダンゴーダンジョン/ちゃがちゃがゲームス
デザイナー:榎乃家(えのや)

プレイ人数 :4-5人用
プレイ時間 :20分程度
インスト時間:15分程度
ゲームタイプ:協力&裏切りパーティーゲーム
備考    :ゲームマーケット2014秋入手


<概要>
全プレイヤーでパーティを組んでダンジョンに潜り、モンスターを倒して得られる宝石の所有数で勝敗を決める。
モンスターを倒した時に得られる報酬は貢献度ではなく、むしろ手抜きをしたプレイヤーに多く支払われるため、どう漁夫の利を狙うかが肝。ただし、モンスターを倒せない場合、楽をしたプレイヤーは持っている宝石を場に戻さなければいけないので手の抜きどころはわりと難しい。
仲間を騙していかに利益を得るか、事前のダンゴー(駆け引き)が楽しい。

<総合評価>
★★★★☆(4.5)

<レビュー>
ちべ:★★★★☆(4.5)(プレイ回数5回)
モンスター倒すのは人に任せて稼いだ宝石を横から攫うのが大事だと思う。
うわっ・・・私の考え、ゲスすぎ? でも対戦相手に恵まれて、許容し合うというか
むしろ皆ゲスいダンゴーと裏切りを爽やかに繰り返すのでゲラゲラ笑ってしまった。
裏切りが前提だからやる相手を選ぶかもしれないけど、そこクリアできればきっと繰り返し楽しめる。
難点としては5人でやると読み合いが複雑すぎて運ゲーに近くなることかなーと。

R@:★★★★☆(4.5)(プレイ回数10〜20回)
3つめのダンジョンに潜ってからが本番、勝つゲームというよりは負かすゲーム。
モンスターを倒さなきゃいけないんだけど、楽はしたいという相反する要素を上手くまとめた好例。
慣れてくると、モンスターを倒すことより、倒さずにパーンしない(させる)ことを意識してプレイしている気がする。
シンプルなのに絶妙なバランス感。そしてすぐ終わる。いいじゃん。


その他詳細は下記
Read More
関連記事
tags:ちゃがちゃがゲームス, ちべ, R@, レビュー, 4〜5人, 協力ゲーム, ☆4.5, 〜3000円, 〜5000円, 〜10000円,
  1. 2014/11/29(土) 19:15:32|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひつじとどろぼうレビュー ☆4.5

ひつじとどろぼう/Power9Games
デザイナー:坂下裕一(ナイン)

プレイ人数 :2-4人用(2人用ルールあり)
プレイ時間 :30分程度
インスト時間:15分程度
ゲームタイプ:ドラフト
備考    :ゲームマーケット2014秋入手

<概要>
ドラフトしたカードをプレイシート(4×4)に配置して羊(得点)を集めるゲーム。
カードには地形とアイコンが描かれていて、アイコン(羊、犬、泥棒)はイベントを担い、羊を増やしたり、移動させたり略奪したりできる。また、地形は条件を満たすと終了時にボーナスがもらえる。

<総合評価>
★★★★☆(4.5)

<レビュー>
ちべ:★★★★☆(4.5)(プレイ回数2回)
可愛い見た目、手軽なゲーム時間、シンプルだけど悩ましいゲームシステムと、今後もちょくちょくやっていくことになるだろう飽きない楽しさのあるゲーム。
自分は失敗しがちで勝ちにくいドラフトだけど、失敗した時は街(後述)を水没させたり、泥棒で引っかき掻き回したりと勝ちを無視して遊びに走れる要素もあって楽しい。
4つ折りにされたプレイシートの折り目が浮いて平に置けないところ以外は文句ない。

R@ :★★★★☆(4.5)(プレイ回数2回)
ゲムマ2014秋注目の一作。が、想像以上に面白かった。
ドラフトゲーの多くは初回取りきりなんだけど、このゲームはドラフトが3回もある上に、一部のカードを次のドラフトに持ち越して、他の人に回せるところが面白い。
地形の制約が意外と厳しく、中途半端なドラフトをすると全然得点を増やせず終わってしまう。カットドラフトしづらいので、最初に方針をバシッと決めるほうが強いかも。
プレイシートは紙製なので、軽くて持ち運びやすい分浮いてしまって使いづらい。ボードでも良かったなこれは。

その他詳細は下記
Read More
関連記事
tags:ちべ, レビュー, 2〜4人, Power9Games, 〜3000円, 〜5000円, 〜10000円, ☆4.5, R@,
  1. 2014/11/25(火) 01:47:11|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7WONDERS(世界の七不思議)レビュー ☆4.5

7WONDERS(世界の七不思議)/Repos Production(レポス プロダクション, フランス)

7WONDERS_00_cover

デザイナー:Antoine Bauza (アントワン・ボーザ)
国内販売元:ホビージャパン

プレイ人数:2人~7人
プレイ時間:30〜40分(人数関係ない)
インスト時間:15分(取説読解10分、説明5分)
ゲームタイプ:ブースタードラフト

<概要>
世界の七不思議をテーマに、自分の都市を発展させていくゲーム。
いかに自分の都市を強くしながら他プレイヤーの都市の発展を防ぐか、受け渡し受け渡されるカードに思い悩むゲームです。
ドイツ 2011年 エキスパートゲーム大賞 (Kennerspiel des Jahres) 大賞受賞!

<総合評価>
★★★★☆(4.5)

<レビュー>
R@ :★★★★☆(4.5)(プレイ回数4回)
ブードラ好き。これはとにかく、人数が増えてもプレイ時間が増えないところが最大の評価ポイント。
システムは重い感じなのにやってみるとお手軽なので、戦略的なゲームの割に負担が軽く、「もう一回」と言いやすいところが個人的には嬉しい。しかもブースタードラフトなので、毎回ゲーム展開が変わるところも好感が持てる。
ただ、ブースタードラフトゆえに、ある程度カードを覚えないといけないのがやや面倒だが。。
カードもボードもそこそこ大きいので、広めのテーブルが必要なのも玉に瑕。でも十分面白い。


ちべ :★★★★☆(4.5)(プレイ回数2回)
使う道具が多い割にプレイし始めるととっつきやすい。
七不思議ボードや建物カードの選択によって展開が多様で、
なかなか飽きの来なそうなシステムに魅力を感じた。
初心者ながら手探りで遊んでも楽しかったが、
カード把握したりドラフトに慣れないと深い魅力がわかんなそうなので星欠け。もっとやりたい。
勝利点稼ぐため欲しいカードばかり追ってたが、
これ邪魔しつつ選ぶんじゃ?と終わり頃気づいた、遅い。


その他詳細は下記 Read More
関連記事
tags:R@, レビュー, ちべ, 7wonders, 〜10000円, ☆4.5,
  1. 2014/07/01(火) 01:55:38|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。